文化・芸術

momo&生誕100年

生誕100年・・(^。^)y-.。o○~私ではないのょ~

生誕100年/追悼
彫刻家 佐藤忠良展・・宮城県美術館
049_600

1912(明治45)年7月4日に宮城県で生まれ、2011年3月30日に東京都杉並区の
アトリエで98年の生涯を閉じました。・・パンフレットより。
010_600
一周忌となる2012年は、100年の年でもあり、佐藤忠良の創作活動を再検証
する展覧会を開催されました。

代表作、「群馬の人」(パンフレットより、横の折り目はバックに入れた時のものです)
006_600
「帽子・夏」1972年
007_600
41年たっても新鮮さがあるのですからね。

森繁久弥ブロンズの原型も飾られてました。
(横の折り目はパンフレットを仕舞う時のものです)
008_600

驚いた事にはあの有名な童話「おおきなかぶ」の挿絵も本人のものでした。
009_600

宮城美術館の側ある、佐藤忠良記念館は、何時でも見られますが、生涯をかけて
作られた数多くの作品と解説そしてブロンズが出来るまでの映像は、普通では見られない
生誕100年の素晴らしい追悼展でした。

        ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;

美術館の一階のカフェで、ほうれん草&えびパスタ・・いちごケーキとコーヒーは
姉妹のご機嫌になる美食ランチタイムでした~。
Cats

        ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;; 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&半田沼

伊達郡桑折町にある半田山は、標高863メートルで、福島市や国見町、
宮城県白石市と  接しています。
半田山頂上より、半田沼を  見下ろすと、heart01ハート型に見えるポイントがあります。
水があまりにも少ないので、沼がハート型に見えるのは無理ですので、山頂には行かず周囲の散策でした。
Img_6308_600

沼の周囲です。
Img_6316_600

Img_6317_600
Img_6322_600

Img_6327_600

がますみ
Img_6339_600

Img_6361_600

Img_6365_600

Img_6368_600

Img_6400_600

5月以降農業用水として使用するため、徐々に沼の水が減少し11月には水が入ります。
水があまりにも少ないのでがっかりしました。
Img_6386_600

小さな沼ですのでゆっくりと一周するのは時間はかかりませんが、
カメラを持っての散策は2時間のお遊びでした。
今日の空も曇りでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&鑑賞

絵画の事はわからないのですが、時々読売観光で月曜日(休館)の美術館を貸し切り
低価格で日帰りコースがあり今回は「ヨハネス・フェルメール」鑑賞で
上野の国立西洋美術館で「真珠の首飾りの少女」に会ってきま~す。

真珠の首飾りの少女
014_600

6月には東京都美術館で「真珠の耳飾りの少女」(ヨハネス・フェルメール)鑑賞に行けませんでした~。おたふくさんから雑誌に特集されていることを知らされ求め眺めています。

真珠の耳飾りの少女
013_600

写真は雑誌のを撮らせていただきました。

福島駅西口朝6時30分出発で行ってきま~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&記憶遺産

昨日テレビで「ユネスコ記憶遺産」に山本作兵衛の炭鉱画が記憶遺産に登録されたと報道されました。
聞きなれない事なので検索しました。

ユネスコ記憶遺産クリックしてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&川柳

001_9 003_15 006_15

011_15_3 「忘年川柳大会」AM9:00の受付、AM11:00投句〆切 ,11:15昼食・懇談。PM2:00交流懇親会。

お天気も良く恵まれた「忘年川柳大会」で59名の参加で、一番遠い方は埼玉からご夫婦で参加されました。車で3時間かかったそうです。
 一番近い人は私(車で2分)のようでした。wink
体育系の私は、苦手な分野なので川柳に入るように、友達に何回も誘われていましたが、その都度お断りしていましたが、根負けしまして入ってしまいました。shock

グループの川柳の会には時々出席していましたが、「三日坊主」主宰佐藤良子先生の「忘年川柳大会」には、2回目の参加。 受付の時に会場のドアが少し開いていましたので、「チッラ」と見ましたら30名ぐらいの方が、真剣に川柳を書いているのには「びっくり」しました。

013_15 宿題は「坂」「本」「安」「自由吟」それぞれ2句、席題(印象吟・・会場で題を出されます)2句。 全部で10句、11時〆切で、なんとか提出いたしましたよ。

12:30 開会の言葉で始まり、被講は入選作品を5名の先生(5分野に別れています)によって発表されました。
運が良かった事に、宿題の「坂」「本」「安」の句が、まぐれに1句づつ入選しました。lovelyscissors
これを出発点に、川柳の本を読んで勉強しなければいけないな~と反省して居ります。.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&茶室

054_9 菊人形を見ているうちに、ポスターがあり「洗心亭」でお茶席があるとの事でしたので、さっそく足を運びました。

051_9

056_9Photo_2

お菓子は昔懐かしい「かのこ」で、一服のお末茶は私達に心の安らぎを与えていただきました。

かのこ(鹿の子)
求肥またはようかんをあんで包んで丸め、その周囲に甘く煮た小豆、白いんげんなどを張りつけたものです。
表面の小豆の粒が鹿の背の斑紋に似ているところからこの名があり、江戸時代から伝わっているお菓子です。

※ 茶室からは城下町が見え、お姫様になった気分で過ごせる一時でした。happy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

momo&いわき市美術館

美術の事はよく解らないのですが、観るのは好きですよ。

先日いわき市美術館に「ラファエル前派からウィリアム・モリスへ」の広告を見ましたので、それを取って置きました。
001_2 002_15_2 観たいと思う心「ず~と」あったので、いわき市美術館に行くのにナビで見ると153Kあり私の運転では心配で出かける事を諦めていました。

今朝ごはんを食べている時、いわき市美術館の話しをしましたら、「行こう」と言われ早速 cardash

001_15 ウィリアム・ホルマン・ハント(1827~1910)、ジョン・エヴァレト・ミレイ(1829~1896)、だんて・ゲイブリエル・ロセッテイ(1828~1882)3人の画家を中心にした展示でした。

右の写真はミレイの「めざめ」です。
子供が目覚め小鳥を「じ~」と見つめる画ですが、この絵を見ている私が、146年たった今新鮮に観る事が出来るのは素晴らしいと感動しました。

展には1870~1909代のステンドグラスの作品「ラケル・アベル」が展示されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)