« 2013年2月 | トップページ

2013年3月

momo&ブログお引っ越し

ブログをお引っ越しします。

良かったらお気に入り登録お願い致します。

http://momo-d.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/momo25314-b350.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)

momo&華道(平成24.3.14)

 

 拙いブログに、ご訪問ありがとうございます。
 

この画面にお花のお稽古の写真をUPしましたら、

ココログ管理ページに

「このファイルアップロードするのに十分なディスクスペースがありません」・・の

メッセージが出ましたので、調べましたら容量が99.9%になっていましたので

ブログUP出来るようになるまで、少しお休みします。

できるだけ早くUPしたいと思いますので宜しくお願いします。

Photo_2

    

      ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

新しいブログはこちらになります http://momo-d.cocolog-nifty.com/

良かったらクリックしてお気に入りしてくださいませ。

   ~~宜しく  Img556773131 お願いします ~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&山形蔵王の樹氷

昨年は2回も樹氷の写真を撮りに行ったのですが、2回とも猛吹雪でカメラに霜がついて
写真を撮れる状態ではありませんでした。
今年は「じっと」3月まで時期を待ち先日行ってきました。
当日はやはり風が強く高速道は50㌔規制がかかっていて、車の横ブレが怖く
吹き流しはこんなに勢いよく風のおもむくままになっているのは初めて見ました。
211_600

211_600_2

山形の市街化区域に入りましたら、風は嘘のように止みましたが、
3月になると山の雪も少ないですが山頂は雪大国でした。
004_600

259_600
蔵王ロープウエー最終駅
258_600_3

011_600

028_600

043_600

晴れてはいるものの、風が強く台風のようでした。でも子供達は元気ですね。
128_600






| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&剪定

1月・2月は一番寒い吹きさらしの桃畑、寒風の中桃・やりんごの木の剪定のシーズンで
その姿を見ると何時もたいへんだな~ぁと思います。
昨日も凄い風の中、働いていたご夫婦。
207_600

奥さんは剪定された枝拾いですね。
209_600
手元で自由に操作出来るようなのですが、この機械初めて見ました。便利ですね。
今年もhappy01美味しいnotes桃が出来ますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&ランチ

花展のランチタイムで~す。
花展の会場から出て、花友勧められ一緒に行ったのが、ローレン&リーフさんでした。
彼女は前に来たらしく、デザート5人前までのサービス券をウエーターに出してくれました。
001_600

002_600
サラダバー・ドリンクバーも種類が多く、色とりどりで目・お腹・おしゃべりも
充分満たしてくれました。
彼女とおしゃべりする時、何時も年の差感じた事は無く、あたりまえのようにお話し
していましたが、今回初めて年を聞いて吃驚
帰宅し家族に話しましたら、そんなに「年の差の人と呑みに行ったことないよ」と言われ
再度吃驚しました。きっと彼女私にお話し合わせてくれるのだと思い改めて感謝
しています。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

momo&花展~池の坊と飯島八重~

会場は1階と2階に分かれていましたが、2階の中央のパネルに
飯島八重の門弟・席名の写真が飾られていて、尊敬の念で暫く眺めていました。
047_600
045_600
飯島八重の歴史小説を読みたくなりました。

1階は沢山の小作品で素晴らしい作品ばかりでその1部です。
Cats_600

3階会場の作品です。
039_600

071_600

056_600

067_600

069_600_3


花と はなそう。

お花を抱えてあるこう。

颯爽と歩けるから。

花をいけよう。

自分を表現できるから。

花を愛でよう。

こころが落ち着くから・・

。。この詩を読んで・・。。UPしたくなりました。

081_600_3

072_600_5

色々な事が勉強になった花展でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&華展~2~

入り口には福島支部の名前で大作が飾られていました。
先生方の合同作品です。
038_600

お習いしている先生の作品です。
作品の制作中の台が取り外されていません・・明日写真を撮り直して来ます。
お花の流れは解るのですが、写真ではカラーが良く出ていないのは私の撮り方が悪いのです。
066_600

花友の作品です。
021_600

024_600

025_600



| | コメント (0) | トラックバック (0)

momo&華展~1~

明日(9.10)から福島駅西口の近くのコラッセ福島で花展が有りますので、
色々お花を求め試作の連続でした。
小作品ですの花数は少ないのですが、難しいものですね。
今日(8日)1時30分に花友と待ち合わせ搬入です。

1回目の試作です。
仙台で行われた東北蘭展で購入した蘭も使いました。
011_600

2回目の試作です。
シルバーミラーを使いましたら、作品が面白くなりました・・先生のアイディアです。
014_600

3回目の作日に用意したお花達です。今回は紫陽花がメーンになります。
Cats_600

3回目の作品、今日花展搬入した作品です。
048_600

搬入して午後5時頃帰宅しましたが、皆さんの作品力作揃い沢山ありました。
私共の社中からは私を含め4人の出展でしたが、私より「すご~く」若い花友で
お花に関しては「ず~」と先輩、色々教えていただいています。皆さん優しいのですよ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&花布巾

叔母から速達で郵便が送られお手紙と花布巾が同封されていました。
何時も電話では若い声でお話をしますが、高齢なので転ぶことが多くなってます。
004_600
006_600
008_600
叔母は87歳ですが、線をひいてぐし縫いをするのでしょうが、針目が揃っていてしっかりした縫い目には驚かされました。

手紙には近所に図書館があるので、今は井上靖の全集を借り、午前中は読書
午後は花布巾を刺して出来上がると友達に送り、お世話になっている人に
あげたり退屈しないで過ごしている。・・この様な内容でした。

元気な退屈しない毎日を送っており、私もそんなゆったりとした生活がしたいものだと思い
送ってくれた花布巾を眺めています。

私と言えば「ま~ぁ」それなりに忙しく、手紙はパソコンで・・プリンターし発送ですからね・・味のない手紙になります。叔母には叶いませんね。
何時までも元気でいる事を祈っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&かきあげ

トウモロコシが出まわっている頃、加熱し実をもいで冷凍庫に入れて置き、かきあげの天麩羅が我が家の手間いらずの(私が疲れた様な時)メニューです。
家族全員がトウモロコシの天麩羅は大好評sign01
胡桃も入れてみようと薄皮を取らずに入れました。
001_600

さぞかし美味しいだろうと口に入れましたが、胡桃の薄皮を取らずに調理しましたので、薄皮の苦みが口に残り、家族からは不評でしたが、面白いもので食事が終わる頃は、天ぷらは残っていませんでした。
003_600

反省として胡桃は荒みじんよりも大きくし薄皮を剥くことでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&花を撮る

もうすぐ花の季節ですね・・花の写真を撮る練習をしました。
048_600

046_600

051_600

041_600

020_600

030_600

やはりバックの色と光&絞りが大事ですね。






| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&つつこ引き祭り

春を告げる・・伊達市・つつこ引き祭り
3日、伊達市保原町の厳島神社の「奇祭つつこ引き祭り」は、勇壮に繰り広げれ見物者や
参拝者が、無病息災五穀豊穣を祈願しました。
神社の奉納された「つつこ」・・直径1㍍重さ約800㌔の大俵を担いで市街地を練り歩いた後、威勢のいい掛け声を発しながら、つつこを三方から引きあいました。
奉納した「つつこ」を担いで神社の鳥居を出る所です。
029_600_2

神社の鳥居を出るとつつこの担ぎ台に載せられます。
その年の42歳の厄年の代表が実行委員長になり「つつこ引き祭り」を行います。
035_600

この写真は新聞のをお借りしました。
001_600

力が入りますね。
028_600
原子力災害以降は、わらの放射線量も測り作業にあたっています。
わらが抜け、つつこに納めたふかしもち米が、餅に変わるほどの激しい引き合いです。

先日「新生海苔」を沢山いただきましたのでお祭りのメニューに使わせていただきました。
私共の地域では求められない「新生海苔」の食材メニューが人気で「ヘルシーでいいね」いくらでも食べられるね・・と・・お吸い物のお椀を持って「にっこり」楽しく過ごしました。
サラダも色どりが良く人気でしたよ。
サラダの新生海苔は水で洗ったのをしっかりしぼり、塩少々で入りあげて使いました。
055_600_2

小鉢にもった、会席風の生海苔と(鰹節と醤油みりんの味付け)えび・わさびです。
006_1000_2
おいしそうでしょう~happy01

朝11時集合で7人勢ぞろいで、お祭りの写真を撮り、食べ、おしゃべりしたり赤飯も美味しそうに食べていただき「新生海苔」もお福分けし皆さんに喜ばれました。
楽しい大人の御祭りで~~(-。-)y-゜゜゜皆さんお出で頂いてありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&梅花

今日は昨日より4°も低いと言う・・寒いのが苦手で炬燵で丸くなっています。
11月になると植木を廊下や玄関に入れ、梅の寄せ植えは、御正月に向けて南向きの玄関に置き、花には時々霧吹きで水をやり開花させたものです。
ところが3.11の原発事故以来植木を玄関に入れるのは、どうしてもいやで、梅の寄せ植えも寒風にさらされ、まだまだ小さい(3㍉)蕾です。
梅は30㌢の鉢植です。
005_600

3㍉こんなに小さいのです。
007_600

立派な幹に見えるでしょう・・。
010_600
手ぶれで幹にピントが合ってしまい、カメラで見た時は気がつきませんでした。
寒いから撮り直しは止めま~す。










| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&櫻餅

若い友
電話でこれから行きます・・と言う可愛い声・・「アララ」こちらの都合も聞かずに・・
・・電話の向こうでは心弾んでいる様子・・。
10分後に・・手作りの櫻餅持参の弾んだ声・・今朝、餡子から作ったのよ~;:゙;`(゚∀゚)`;:゙~。
私は餡子から~作ったの凄いねsign01
彼女の熱の入った説明、私はうなずきながらメモを取り・・終わって「にっこり」。
櫻の葉のほのかな香り・・餅米のもっちりし餡子のほど良い甘さ加減
売ってるものより美味しかった・・。
003_600

関西風櫻餅・・道明寺
粒々した餅米は、餅米を蒸して粗挽きしたもので道明寺といいます。
大阪の道明寺という寺で作られたのが名前の由来だそうです。 

小麦粉で作った櫻餅は「関東風櫻餅」です。

櫻餅の季節になったのに「梅」開花はまだかいな~~ 。
そう言えば自宅の庭に置いた、寄せ植えの梅花・・どうなっているか明日UPします。
咲いていない事は確かです・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ