« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

momo&塩納豆

塩納豆は山形県庄内地方で古くから食べられてきた郷土料理だそうです。
001_600

「雪旅籠の灯り」を観に行く途中寒河江パーキングエリアで、あまり期待
せず・・面白がって買ったっ物ですが、この品「ヒット」商品でした・・。

あまり納豆の糸が立ちませんが、塩加減が良くごはんに沢山のせても美味しく
開封後4~5日は初日と同じ味でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&雪旅籠の灯り~4~

ICEBARも灯りがともされました。
134_600
いよいよ雪旅籠の灯りの祭典・・。
067_600

120_600

104_600_2

095_600_2


138_600


143_600

146_600

096_600

もうすぐひな祭り・・「notes・・灯りをつけましょ・・」
085_600

可愛い小さな雪だるまも笑っているように見えます。166_600

084_600

小さな雪だるまさんと雪うさぎさが、勢ぞろいで可愛いね・・。
小さいながらもリーダーがいるようですね?
163_600

106_600


会場の出口にはかがり火が「あかあか・・と」
180_600

雪が「こんこん」と降り方が増し、心配になって来ましたので駐車場に向かい・・
車に積った雪も数時間のうちに10㌢くらいになり、車を発進するまで時間がかかりました。
136_600
141_600

時計は午後7時を回っていましたのに、車がどんどん駐車場に入ってくるのには
驚きました。・・だって・・凄い雪なのですよ・・。
143_600

雪道・・自宅まで続く様な気がしてとっても心配でしたが・・高速道に入りましたら
道上には雪・風も無く「アララ・・」こんなに走り良く・・恵まれ?・ました。(笑)
144_600

雪を他所から運ぶ事もなく、自然に積った雪を掘り込んで建物を造形されています。
雪の月山志津温泉でしか見る事の出来ない「雪旅籠灯り」、沢山の人々の想いが
詰まった町並を充分楽しみ心の一頁になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&雪旅籠の灯り~3~

数か所の雪旅籠がありましたが、その一つには「ICEBAR」と雪壁に掘られた所は
夜になると、ウオッカが提供かなと思いましたが、そんな訳ないよね。
058_600

044_600

101_600

046_600

049_600
ここであつあつのおでんと日本酒で一杯ですかね。
そうそう・・お汁粉・甘酒もありますが・・さて夜になると、どんなメニューが
でるのでしょうか?1

未だ時間が早く、スタンバイ出来ずファミリーが楽しそうに覗いていました。
103_600

係の方が灯りをつけ始めました。
073_600
いつ見ても蝋燭の灯りは穏やかで温かみがあり「ゆらゆら」と揺れる姿は
心を和ませてくれるものですね。

帰りにちょっと寄ったらこんな雰囲気で、別世界のようですね。
雪と氷にLEDを使われ幻想的な空間が楽しまれ、ホットワインを用意されていました。
こんな寒い時のホットワインは、どんな香りを楽しまれるのでしょうかね。
116_600
皆さんbottle呑んでいるのかな~ぁ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

momo&雪旅籠の灯り~2~

雪で作られた、旅籠の赤い「ゆ」の暖簾は一段と映えますね。
お風呂・・暖かそうですね。
040_600

帳場は何処なのでしょうね?私が着いたときから夜になっても旅籠を修正中です・
043_600

氷の中の飴でしょうか・・?
035_600

だんごさしも飾られていました。
039_600

037_600

かまくら とも違った雰囲気、子供達も楽しそうでした。
108_600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&氷点下

午後6時のニュース氷点下の報道
002_600

朝から少しずつ降っていた雪でしたが、今外を見て吃驚
CPカメラを持って外に出て「パチリ」です。
008_600

いよいよ地元の除雪車も出動,ガソリンスタンドで給油です。
005_600
007_600_2
明日はどの位の積雪になるのでしょうか?
朝早い新聞配達の方ご苦労様です。注意してお仕事なさって下さいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&雪旅籠の灯り~1~ 

山形県西川町志津地区 月山志津温泉街イベント。
001_600_2

福島国見インター(東北自動車道)から山形自動車道山形蔵王辺りまでは晴れ間が
見え「うき・ウキ」でした。
007_600

ところが寒河江インターを過ぎた頃から吹雪いていました。半端じゃないのです。
020_600

039_600

045_600_2

自宅から高速を使って2時間やっと着きました。
063_600_2
上の看板から月山志津温泉行く途中の道路です。
070_600

温泉街ですが、凄い雪ですね~。
047_1000

凍み豆腐は買うものと思っていましたが、一般家庭の軒下で製造中。
096_600

094_600

月山志津地区は昔から三山行者の宿場町であったことから、6㍍になる豪雪を利用して
雪の旅籠の街並みを再現したそうです。
028_600_2

雪の旅籠の中は色々と工夫されていました。
可愛い蝋燭です。
032_600

果物が氷の中ですよ。
033_600

灯の付いた雪旅籠のフォトは明日にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

momo&しゃぶしゃぶ

先日、「ワカメの収穫が始まった」と言う事で、新生ワカメ・茎ワカメ・塩ワカメ・メカブを沢山送っていただきました。~(^。^)y-.。o○~ありがとうございました。~~
私は生ワカメ、初めて見eye・馳走happy01になりました。
生ワカメは
酢の物・お味噌汁・熱湯をかけ水で冷やし鰹ぶしネギ少しの醤油を混ぜる、どれも
生ワカメの「ふわ~」とし、口の中に「する」っと入る感触はどんな調味料にも合いますね。
今日は、おしゃべりの友から「豚のしゃぶしゃぶ」の肉をいただきましたので、生ワカメもしゃぶしゃぶにしたのです。  相性ばっちり~~で~す。

006_600_6 007_600_2

しゃぶしゃぶの醤油たれは自家製で、ごまだれは作りませんでしたが
幅の広い生のワカメ・豚肉としっしょにしゃぶしゃぶしていただきましたょ。
フォトを撮るのに美味しそうな「ゆげ」もご馳走ですが、レンズがクモリ
スローの私には大変です。
009_600_2 010_600_2 
012_600_3
生ワカメの柔らかさと豚肉の柔らかさがマッチ、いくら食べても食べ飽きしないのには
驚きました。これは生ワカメのshine「美味しさ」で~すね。
家族のたれ入れの器には、七味唐辛子・ネギ・生姜・少量のニンニク・蕗のとう味噌・ごま味噌etc・・と各自、好みの物を入れ、自分のが一番美味しいと得意げの顔・かお・・賑やかな楽しい夕食でしたupnotes~旬の食材最高ですね~happy01~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&放射線量

3.11震災・原発事故(水素爆発)あれから2年の報道がされ、「フッコウ・フッコウ」鳥が鳴くような言葉が、1日にテレビで幾度なく報道され、新聞で読むのだろう。
現実は我が家は伊達市の低放射線量区域で何にも変わらず・・庭の除染(0.7)はいつ?
でも同じ伊達市でも放射線量の高い地域の山手の家は除染済んだ所も、未だの所もあり
ブルーシートがどんどん増え、中間貯蔵所は地権者は承諾しているものの周囲の田圃の地権者が1人でも反対で設置出来ない状態。私も農家ですから、田圃を持っている人の気持がわかります。
こんなに「雪・ゆき・ユキ」が降り、放射線量も少しは違うのか(浅知恵で)、2月20日、暫くぶりで、我が家とその周辺をガイガーカクッターで放射線量で計りました。
松の植木の土の上で計りました。
004600_2

庭の50㌢高い石の雪が積もった上で計りました。
006600_2

庭の手前で地上1m.
007600_3

仏間です。
010600_3

居間
011600

水素爆発されてからそろそろ2年、セシーム134は2年・137セシームは30年が半減期と言われていますが、家屋内は未だ半減はなっていないようです。
家で一番低い部屋は土蔵作りの客間(水素爆発後客間にしました)です。001_600

最近写真撮りに会津に行きますが、放射線量は(0.045)マイクロシーべルトで、一昨年の
東電の水素爆発の影響はありませんね。
我が家もせめて部屋だけでも0.045(会津と同じ数値)マイクロシーベルトになるといいのですがね。
私が生きているうち、収束は無理で、ただ未来の子供達のために一基でも原発が減る事を祈るのみです。
こんなに、多くの犠牲者がいるのに100%脱原発とは言えないのですよね。
悲しいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&しぶき氷

「しぶき氷」には、3度通ったのですが、今日は多くのカメラマンと逢いましたが
寒さと強風で多くの方はそこに止まる事は出来ませんでした。
この枝にしぶき氷が出来るのでしょうが「ネェ~」。
020_600

038_600

041_600

044_600

強風と寒さで、手袋を外すと手がしびれ、顔は針で刺される様に痛く体が吹き飛ばされる様でここでの撮影は短時間で終了でした。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&雪道模様

3度目のしぶき氷

青空の下で磐梯山を入れてのしぶき氷の風景・・・3度目の挑戦でしたが・・今回も
成らずでした。
しぶき氷に行く迄の雪道模様?です。
023_600

雪鳥のように見えますよね。
026_600

021_600

冬紫陽花かな。 シックですね。
027_600

笹も頑張っていました。
029_600

雪、こんな溶け方もあり面白いですね。
016_600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&タイヤ

福島から115号線を通って猪苗代湖の天神浜「しぶき氷」へ。
出かけた時は晴天、私の好きな吾妻小富士の雪うさぎもそれなりの形になりつつありました。
014_600

115号線こんなにお天気が良かったのです。
015

猪苗代湖近くになりましたら、やはり雪は多く「しぶき氷」の看板が
雪に埋もれて可哀そうですね。
017_600

駐車場で車を降り「ふと」タイヤを見ましたら、「タイヤしぶき氷」が出来ていました。
今日でここを訪れたのは3回目ですがこんな事初めてです。
面白いのでupしますね。
049_600
おまけに<・・笑い・・>もう一枚upsign01
050_600_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&ベストできたどー

2月4日からベストを編んでいましたが、完成しましたsign03
001_600
フォトに撮ると「アラ」が見えますね。
サンプルを見てお取り寄せの毛糸でしたが、糸のぼかしの具合は編んで見ないと
わからないものですね。
仕上アイロンをかけましたらbearing「ア・ラ・ラ」間違って編んで直すかどうか考え中です。
昔、母に「見るは一生直すは一時」と言われた言葉を思い出しま~す。
明日はこのベストを着て、行く先未定のおしゃべり友とティータイムが楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&編み物

2月4日から編み物を始めました。
021_600
初心者向きのかぎ棒編みでベストを作りま~す。

025_600
この小さなリング(直径7mm)の中に長編みを入れて繋ぐ同じ事の繰り返しなので
私向きです。

今日で2週間少し編んだのがたまりつつあります。
001_600218
編み物は間違っても、解いて始められ、一編み一編みで形になるのが楽しみです。
完成したらUPしますね。
notes冬の生活=こたつ+編み物+クッキー+Collagejava1_s_momo_2+ラジオ+充実感(happy01) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&銘菓

国史に名高い支倉常長の偉業をたたえ名付けられた「支倉焼」、大好きな焼き菓子。
先日仙台に行った時、ホームの売店で支倉(はせくら)焼きを見かけました。
About_ph031
新幹線自由席に乗るのに売店の前を急いで通り過ぎようとしましたが、頭の中で
ここを逃してはhappy01、福島では売っていないと急いでスイッチバックをして
売店の前に戻り購入・・安心して自由席・・・へ・・「ほっと」し「満足」「まんぞく」。       

「支倉」とは、今から三八十余年前、スペイン領国との通商交渉のため、伊達政宗の命により仙台領月ノ浦から船出した慶長遺欧使節・支倉常長のことです。
東西交流のため奔走した常長の偉業を思い、この菓子の名にしたそうです。 支倉焼きの包装の字体も好きなのです。
「支倉焼」・・クッキー生地と  白あんの中に、クルミの香りと食感がアクセントになった
焼き菓子です。

昨年の秋に松島へ紅葉刈りに行った時、円通院の庭に支倉のばら園がありました。
写真を撮ったのですが、夜景になってしまいよく撮れていませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&華道(平成25.2.14)

お花のお稽古休んだことはなかったのですが、用事があり2回も休んでしまいました。
花友と私の作品です。
015_600_2

004_600_3

007_600_3

008_600_3

009_600_3
「ア・ラ・ラ」写真を撮る時、正面間違ったのかな?
前の菊の花……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ倒れていますね。

3月中旬に池坊福島支部花展がありますので、出品者は無言の作品作りで緊張感と
和みが入り交り、先生と花友の優しいアドバイスに「にっこり」するお稽古場でした。
若い花友の「ちょっと」した、さりげない思いやりの態度・言葉は有難いものです。
今回は小作品なので、花器も小さく、お花も少ないので、膝痛の私はラッキーでした。
試作は先生から「Good」のサインをいただきましたが、花展までは「試作・しさく」の
連続です。 試作品ですのでここにUP出来ず、花展の時の作品を後日UPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

momo&福寿草

庭の雪も消え、やっと日差しのあたたかさを感じるようになり、
「ふと」福寿草は・・と思い出し裏庭(猫の額のような庭<笑う>)に行ってみましたら
顔を出していましたよ。
004_600

005_600

007_600

水仙は蕾一つだけです。
020_600

牡丹の芽です。
014_600

チューリップの葉元気ですね。
008_600

009_600

こうしてフォトを見ますと植物の芽は生命力の強さを感じますね。
この元気を貰って前向きに 楽しく過ごしましょう。happy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&雪灯篭まつり~3~

一つ一つの経過(歴史)があり、今があるのですよね。
雪灯篭まつりもその一つですね。
092_600

112_600_2

124_600

136_600_2
こんなに大勢の参拝者です。

137_600

138_600_2

今夜(2月10日)が最終回。
大勢の人々でしたが、灯篭の灯で癒されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

momo&雪灯篭まつり~2~

上杉神社・・雪灯篭まつり
メーンステージです。
トワイライトブルーが好きで、今日も夕方を楽しみにしていましたが
お天気が悪く、。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。でした。
040_600

045_600

074_600

お掘りの池の水が凍って雪が積もっていました。
061_600

087_600

出店も賑やかでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&雪灯篭まつり~1~

山形県米沢市
上杉雪灯篭まつり(10日)
002_600

米沢は地域によって奥会津の雪質と違うようです。(あたりまえですね(/ー\*)
005_600_2

東北中央自動車道(相馬~山形)は米沢寄りの工事が進んでいる様な気がします。
因みに私の地域も通るのですょ。
工事している側を通ると押しつぶされそうな気がします。
001_600

国道13号線から米沢市内に入る所ですが、雪の壁は高いですが
屋根の雪が奥会津よりも少ないですね。
016_600

自宅から50分上杉神社に着きました。
困った事に、神社の無料駐車場が使えず、不案内な私の車は「ぐるぐる」神社の周囲を
走りやっと、私の足で15分の所の駐車場にたどり着き、┐(´д`)┌ヤレヤレでした。
003_600

写真正面が上杉神社です。
014_600

022_600

やっぱり燈明の光は癒されますね。
018_600

このお燈明の光何時まで見ていても飽きず、何枚も撮ってしまいました。
022_600_3

「愛」の灯篭もありましたょ。
019_600

020_600

「雪灯篭の作り方」(クリックしてね)リンクしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&雪の日~3~

町民運動場で開かれ、国指定重要無形文化財の「サイノカミ」を再現。
午後6時・・グランドの照明が消される前です。
073_600

高さ20㍍の御神木を立てられ、午後6時にはサイノカミ5基に御神火が点火されると
幻想的な火柱が夜空を焦がしました。
095_600

124_600

炎でだんごを焼くと中まで火が透りませんので、下に落ちた置き火で
焼くと良いのだそうです。
私は枝の短いだんごでしたので、焼く事が出来ず帰宅してからレンジで「ち~ん」で食べました。<;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
サイノカミの火で焼かなければ効果はないですね。
113_600

合格祈願や家族、地域の幸せを願う気持ちなどを込めた花火も打て上げられました。
~花火の写真撮るのは難しい~~。
133_600

火の塊が落ちて来る姿は迫力がありました。
145_600

初めて見ましたサイノカミの行事・・勢いよく焚き上げられ、豊作・無病息災、厄除け祈りの炎が来場者を魅了した。

炎が下火になり、車に向かう頃は一段と雪が降ってきました。
173_600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&雪の日~2~

サイノカミの一番上は梵天が・・。
056_600_2

各地域や各学校のサイノカミの前にはユニーク」な雪だるまそしてだんごの木
サイノカミの火でこのだんごの枝を折り焼く。
Page_600

だんごんの木
011_600
可愛いだんごにが積り始めました。
037_600
だんごに積もったの結晶を、綺麗に撮れず、それなりです。
042_600_2
026_600

会場の近くでは子供達のすべり台。
043_600

先程から天真爛漫な子が大空を見ていましたょ。
この地域の子供達のびのびとした姿,
嬉しいですね。
045_600

会場にいる間は雪が降ったり止んだり・・夕方になりトワイライトブルーの
時間帯になりました。
こんなに雪が降っているのですが、風がないので、雪が苦になりません~~ょ。
070_600

081_600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&雪の日~1~

会津三島町・・「雪と火祭」
燃え盛る塞の神の火で、豊作・無病息災、厄除けを祈る祭りです。
地域ごとに、神柱となる木に藁を巻いたものを立てて、横木を渡します。
横木には、子供たちが各家を回って集めたお札や門松、
書き初めなどがつけて「賽の神」を作り、点火します。

栃木の湯西川町-平家の里よりも雪が深い三島町でした。
026_600

045_600

046_600

セブンイレブンのマークが入った除雪車とは・・私「吃驚」sign03・・カメラで「パチリ」・「ぱちり」。
010_600
006600
008_600

会津柳津の虚空蔵尊 ・斎藤清美術館も雪の中。
021_600
023_600

雪景色・・いいですね・・
029600

自宅から2時間「雪と火祭」の会場に着きました~。
044600
この道はY路ですが、この会場入口の案内、車運転者目線の所にも欲しいね。
雪が降っていますので、つい上の方より前方を見てしまいますから。

軽やかな雪・時にはぼたん雪が舞い降り、写真を撮りながら
点火時間(PM6:00)を待ちました。
004600

| | コメント (6) | トラックバック (0)

momo&かまくら祭~3~

周囲に家並みが無いので特別な雰囲気を持ったイルミネーションでした。
155_600

148_600

ラキーな事にだ~れもいなかったのです・・・中くらいのかまくらです。
149_600

これは大きなかまくらです。
150_600

153_600

「どぶろく」も呑んでみたかったな~ぁ。 
買って来ればよかったのに、┐(´д`)┌ヤレヤレ~今eye気がついた事で~す。
158_600


| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&かまくら祭~2~

雪に反映されるイルミネーションは街中とも違い、きれいでした。
048_600

049_600
時間によって違いますね。
067_600
クロスフィルターで「ちょっと」悪戯・・。
080_600_2

205_600_2

214_600_2

219_600

108_600

かまくらのバックスタイルeyeです。
131_600

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&かまくら祭~1~

「第20回湯西川温泉かまくら祭り」
毎年1月中旬から3月下旬まで湯西川温泉で開催する冬のお祭りで、沢口会場を
メインに大きなかまくら・ミニかまくらすべり台が作られ盛大に行われます。
015_600

027_600
皆さん楽しそうね。
111_600_2

自販機はかまくらの中で働いていましたょ。
181_600_2

133_600

ミニかまくら
ボランテアの人でしょうか、かまくらの中の蝋燭に火をつけていました。
172_600

029_600

030_600

041_600

037_600

夜のかまくらはどんな表情を見せてくれるのでしょうか?ね
フォトの枚数が多くなりますのでUP明日にしますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&雪の中

栃木県日光市湯西川
平家の里も雪の中
壇ノ浦の戦いで敗れた平家一族の生き残りがこの地に逃れ、温泉を発見したと伝わる湯西川温泉。その当時の歴史にふれられるのが、平家落人の資料を展示した平家の里です。
平清盛の入道姿像や一の谷の戦いに出陣する平敦盛の雄姿像などを見ることができます。
017_600_2

024_600_3


Cats_600_2

Cats_600_3_5


Cats_4_2

平家の里正門の右側に広がる森の中に安置されている平家塚。湯西川平家一門の守り神として伝わるもので、鎧兜が埋められているといわれています。
104_600_2

★クマガイソウとアツモリソウ
 この2つの名は
 平家物語の平敦盛の最期の話にちなんでいます。

 神戸の一の谷の合戦で敗れた平家を追って、熊谷直実は、
 自分の息子と同じ年ごろの平敦盛の首を討ち取らざるを得ず、
 その後、その霊を弔うために出家した。
 また当時の武者は、後ろからの矢を防ぐために
 母衣(ほろ)を背負っていた。
 「母衣」
   大きな風船のようにふくらませた布。弓矢を防ぐ。

熊谷草(福島市水原で撮影)
046_600

敦盛草(写真お借りしました)
Photo

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&おしゃべり

おしゃべりの会・・・「月うさぎさん」で会食

可愛い名前の割烹
Cats500
腰板の上は格子とアサの葉模様で凝っているお店でした。
今までは予約でないと入れないお店でしたが、最近は、フリーのお客様も入っているそうです。

時間が無いので、海鮮ちらしのセット
214600
写真の色が良くありませんが・・シャリがネタに合っていておいしかったのですよ。
牛タン2枚とサラダ・漬け物。
牛タンついたのは嬉しかったですょ

215600_2
うな重セット(かな?)自分のでないので忘れちゃいました。<笑>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

momo&薔薇~2~

薔薇全体を撮った写真があれば良いのですが、カメラから一点ばかりを
見てしまし味のない写真になってしまいました。
075_600
077_600
078_600
079_600

レインボーローズ 
118_600
080_600

レインボーチューリプはパソコンのフォトで初めてみました。
Cats
写真をコピーさせていただきました。






| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&薔薇~1~

夢メッセMIYAGIでの「とうほく蘭&バラとガーデニングフェスタ」の切りです。
っていいですね。
047_600
056_600 
057_600_2
072_600
073_600
076_600
明日6枚の写真をUPしますが、こんなに沢山の素晴らしい薔薇を見た事は有りません。
ボーローeyeステキsign03









| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&生誕100年

生誕100年・・(^。^)y-.。o○~私ではないのょ~

生誕100年/追悼
彫刻家 佐藤忠良展・・宮城県美術館
049_600

1912(明治45)年7月4日に宮城県で生まれ、2011年3月30日に東京都杉並区の
アトリエで98年の生涯を閉じました。・・パンフレットより。
010_600
一周忌となる2012年は、100年の年でもあり、佐藤忠良の創作活動を再検証
する展覧会を開催されました。

代表作、「群馬の人」(パンフレットより、横の折り目はバックに入れた時のものです)
006_600
「帽子・夏」1972年
007_600
41年たっても新鮮さがあるのですからね。

森繁久弥ブロンズの原型も飾られてました。
(横の折り目はパンフレットを仕舞う時のものです)
008_600

驚いた事にはあの有名な童話「おおきなかぶ」の挿絵も本人のものでした。
009_600

宮城美術館の側ある、佐藤忠良記念館は、何時でも見られますが、生涯をかけて
作られた数多くの作品と解説そしてブロンズが出来るまでの映像は、普通では見られない
生誕100年の素晴らしい追悼展でした。

        ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;

美術館の一階のカフェで、ほうれん草&えびパスタ・・いちごケーキとコーヒーは
姉妹のご機嫌になる美食ランチタイムでした~。
Cats

        ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;; 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »