« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

momo&誕生月蘭

誕生月の蘭って知りませんでしたが、1~12月の蘭が飾られてましたよ。
あなたの誕生月の蘭は何ですか? 
親切に花言葉も書かれていましたょ。
174_600175_600
176_600
177_600
177_600
178_600_2
179_600
180_600
181_600
182_600
183_600184_600
185_600

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&特別展示

とうほく蘭展&バラとガーデニングの会場には特別展示で、宮城県華道連盟の各流派の大作お生花が展示されていました。
198_600
上の写真の中心部をUPしたのが下の写真です。
130_600

199_600

200_600

201_600

202_600

203_600

205_600

206_600

207_600

208_600

蘭・ばら・エビネを使っての作品・・各流派とも一つ一つ作品制作の熱が伝わってくる力作でした。
私の少ない知識では、自分のお稽古している流派は解るものの、他流派の特徴は残念ながらわかりませんでした。
特別展示の生け花の写真はCPデジカメで撮りましたが、やはり面倒がらずにレンズを交換すれば良かったと反省しています。
この会場でこの様な展示を見られたのはとっても嬉しかったですょ。

  
        

| | コメント (8) | トラックバック (0)

momo&蘭展~3~

洋蘭・バラ・エビネは課題に添って工夫され飾られていました。
046_600
子供達が「じぃ~」と見つめているのは模型路面電車トレーン可愛いですね。

069_600

073_600

047_600

083_600

087_600

052_600

091_600

054_600

092_600

058_600

050_600

055_600

066_600

059_600

063_600_2

066_600_2

072_600

179_600

191_600


189_600

たくさん・沢山・タクサンの蘭の種類、凄いですね。
まだまだ写真は有るのですが、この辺で終わりにします。
会場には華道・各流派の大作が出展されていました。 明日UPします。

もう一枚捨てがたい写真。
「ぽあ~ん」「しらな~い」「のほほ~ん」とした写真,気に入っていま~su。
198_600

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&蘭展~2~

いろいろなテーマのステージ
013_600

023_600

014_600_2

100_600

015_600


027_600

044_600

036_600

021_600

063_600

盲導犬もお手伝い・・子供達のお相手で疲れたようで後ろ足が乱れていましたょ。
108_600
大人しいんですよ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&蘭展~1~

とうほく蘭展&バラとガーデニングフェスタ・・夢メッセMIYAGI
毎年このシーズンになると何年も前から、行って見たい所の第一でしたが
今年は行って来ましいたょ。
(東京の世界蘭展にもなかなか行けませんからね)
周囲は雪・・そこだけが花園で、色々のテーマで構成されていました。
正面のステージです。
101_600

014_600

015_600

041_600
カトレアは女王様ですね。・・自然の色がでないのが残念です。
028_600

025_600


018_600_2
お花やさんには見受けられない蘭が沢山ありました。
ライトトアップされているので、撮影は難しです・・うでが悪いからですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&楽しかった

1月24日 
東京エレクトロホール宮城
笑いの芸術  野村万作・万斎  狂言公演

CPデジカメで、慌てていたのでまたまた手ぶれ・・困りましたがUPします。
東京エレクトロホール宮城
221_600
ホールの舞台
222_600

文字入力で説明すると自分でわからなく<笑>なりましたのでプログラムをUPします。

001_600
002_600
語句の解説は石田幸雄さんのユニークなものでした。
003_600
004_600
会場での「どっ~と」の笑い、そして直ぐ静まる狂言の面白さですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

momo&太鼓橋

ホテル山水荘さん庭園の雪景色。
011_600
雪が深く散策は出来ませんでしたが、藤棚二つ(藤の花大~好き)
人口瀧が三つも有り、遠近感があり色々と計算された庭園の様に見受けられました。
藤の花咲く頃、きっと趣があることでしょうね。

023_600
小さいけれど真っ赤な太鼓橋は雪景色に一段と映えていました。
020_600_2

グループの朝食・夕食の場所・時間、お風呂の場所・時間帯のプリントが
親切に部屋にあり、それには感心しました。
年配になると、仲居さんに色々な館内説明を聞いても、非常口だけが
印象に残る事がありますからね~<笑>。
2つのエレベーターを乗り変えてお風呂にやっと入れるホテルもありますから・・ね。
025_600

私も含め女の人はどうしてこんなに話題(駄弁り)が多いのでしょう・・・・?
幼児の頃、男の子より女の子の方が早く言葉が出ると言われていますよね。
 流石政治の話はないのですが、家族・年金・趣味・料理・旅行・放射線量・と、今朝まで続き目が覚めると又おしゃべり、今のところ入れ歯の話>は出ないです。
 朝食はバイキング、一通り好きなのをご馳走になるのですが、友達が「これ美味しいよ」と
言うと、早速皆の分まで持って来て仕切り直しで頂き、このようなコースのおしゃべり友の会でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&土湯こけし

磐梯吾妻スカイラインに行く時、何時も素通りの土湯温泉ですが、今日の目的地は
土湯温「山水荘」です。
こけしの温泉街なので、山水荘さんの大きな玄関にはスマートな高いこけしがお出迎え。
030_600

029_600

こけしのお雛様(子だくさんですね)
007_600

素晴らしい屏風の前ですまし顔。
006_600_4

流石、特注でしょうか、こけしのお店では見かけないね。
032_600
創作こけしよりも素朴な伝統こけしが好きな私です。
伝統こけし以外に一つだけ好きなこけしがあり、その名は「無心」と名付けられています。

土湯こけし(検索コピーしました)は、今から160年ほど前(江戸後期)に誕生しました。
こけしは東北で生まれ育った、歴史と伝統を持つ工芸品です。地域の特徴やこけし工人の工夫などで、 構造、顔、胴の模様が異なり、地域別に系統をつけて、それぞれの地名をつけて呼ばれています。
土湯を含め11系統に分けられ、いずれも温泉地が発祥です(土湯温泉は、福島県内で唯一のこけしのふるさと)。昭和15年に「こけし」と名前が統一されるまで、土湯では「でこ」「きぼっこ」と呼ばれていました。
 土湯こけしを最初に作り始めたのは佐久間亀五郎氏といわれ、後にその長男・弥七氏が首の回るこけしを創案したと伝えられています。明治20年代になると、ロクロの改良などもあって土産品として定着、人気を集めるようになります。
   明治36年の大洪水によって被害を受け、こけし製作の中心であった一族が土湯を去り、一時期はこけし製作が下火になりましたが、新しいこけし作りへの情熱を燃やした工人の努力が実り、再び注目を集め、こけしブームが訪れました。丁寧な仕上げを施し、洗練されたこけしは、シンプルな美しさが評価され、鑑賞用や美術工芸品としての価値も認められるようになり現在に至っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&新年会

華道家元池坊福島支部新年会・・1月20日
福島支部の新年会の参加は躊躇してましたが、どたん場になって出席にさせられ、
ガンガン凍った凸凹道を30分かけて福島市内ホテルグリーンパレスへ。
早く着きメーイン駐車場に車を入れられたのが、ラッキーでした。
004_600

流石、会場には金・銀折り鶴の付いたお生花は、新年会の会場に相応しいものでした。
Cats_600

1部・・総会。
2部・・新年会。
福島支部長・福島市長・etcの挨拶そして支部長の初生け。
016_600

~~┐(´д`)┌ヤレヤレ~~初活けのお花を撮るのに前に出るのがハズカシく~(/ー\*)~でも頑張って撮ったのですが~~ブレちゃいました~。
020_600
市長の汚染問題を含めた長いご挨拶は、メンバーの口元は微笑んでいましたが
目くばせがあり、誰でも思っている事は同じようで、終わって会場が「ドヨメキ」。

やっとお料理が運ばれました。
1テーブル8人、乾杯のあと急に賑やかになり、スプーン・フォーク・ナイフ・箸が動き
人気の飲み物はサントリーさんのカロリーゼロのビール味でした。
Cats_600_2
上の写真のご馳走コーヒー=全て「完食」sign03・・・お腹いっぱい・・・で~す。

抽選会は、ワイン・花器・お花の鉢3人・お花のギフト券=テーブルメンバー全員が大当たりsign03 
当たるとメンバーが大きな拍手気分がいいものでね。

支部長の挨拶の中に、昨年70周年記念花展を終えこれからは10年先を目標に
研鑚しましょう。・・私には無理・無理・と思って帰宅しました。
確実にやって来る歳の事を考えずにはいられませんが、「歳」「歳」と言っていたら何も出来ずに過ごしてしましそうな予感、歳は神棚に預け(笑)体を労りながら自分の好きな事に関わって楽しく過ごす事にしましたょ。(今も実践かな? (^◇^)

。...。oо○*・・良い年になるネ・・きっと・*○оo。...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&直し

雪が降り、周りが静かな時間が止まったような日、安売り(笑)で買った中綿入れやウールのパンツ5本の裾直し(12月1日です)・・勿論私のです。
それが面白いのです。
裾の周囲を縫いパンツがねじれ「へんだな~ぁ」と思って見たら
下糸が無くなり何回も周囲を縫っているのですからね~呆れましたsign03
004_600
こんなに・・ぐるぐる・・と。面白がってカメラで「パチリ」。

012_600
このパンツはウールとポリ混合なので三つ折りミシンでなく、手縫いでちどりかがりです。
014_600

2時間ぐらいで完成と思っていましたら、半日かかりましたが「満足・満足」で~す。
009_600
今年の冬は中綿入り<笑>のパンツで写真撮りも楽しく暖かく過ごしていま~す。
昔はズボンと言いましたが、今はパンツと言いどうしてズボンと言わないの?
ズボンで育った私には違和感がありますが~~。やっぱり考えや言葉がついていけないのかも・・ね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

momo&写真展・・トイカメラ

写真展を見ていると、会場での写真をいただきました。
大きなプリンターを使っての印刷と思っていっましたら、トイカメラ使用でした。
020_600
実物を見たのは初めてで、10円玉より小さなレンズなのですから驚きです。
018_600

受付の端でカメラとプリンター見せて頂きました。
ブログに載せると言いましたら、10円玉との比較がいいと貸していただきました。
016_600
文明のカメラ、これからどんなカメラが出現するのでしょうね、楽しみですね。
テーブルではお菓子とコーヒーをご馳走になり、短い時間でしたが写真のイロハを
少し勉強したような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&庭の雪

17.18日と降った雪は40cmくらいになり、早朝より写真撮りながら雪おろしでした。
006_600_2

ひっそりと山茶花一輪。
010_600_2

葉に落ちる雪の結晶を撮りたかったのですがぼたん雪ではなったので撮れませんでした。
044_600_2

鬼瓦・・雪の中でも元気ね。
076_600_2

うろうろしてましたら、太陽が出・・青空だsign03
雪の中からそっと、青空を覗きます。
085_600_2

「いちご」のようですね。
069_600

001_600_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&写真展

撮影巡る会写真展
友達が出展されているので、見せていただきました。

001_600

写真家の秋山庄太郎先生の作品も展示されていました。
009_900

プロ写真家・・青柳陽一
007_600
寛仁親王殿下は捧げた鎮魂百合  青柳陽一
008_600

福島市内・県北から大勢の方々の作品でした。
フォトコンで受賞された作品も展示され、そのなかの菊地道夫さんのお話を聞く事が出来ました。
036_600
この写真を撮るまでの真に迫った説明は何にも変えがたいものがあり勉強になりましたょ。
写真を撮る環境も切迫した環境の中、仕事の邪魔にならない様に三脚も使わずの421枚の中の1枚とのことでした。

035_600

012_600_2

写真展にはこんなに大きなお花が飾っているのは珍しく
でもお花はいいですね。会場が和やかになります。
002_600
029_600

「流鏑馬」・・矢を離す瞬間・・凄いね・・。
033_600

005_600

027_600

031_600
↓この写真地元から25分の所「霊山」(りょうぜん)です。
032_600

写真を撮るのを遠慮してましたが、帰る頃カメラを持っている人が多いので驚きました。
遠慮する事はないのですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&華道(平成24.1.17)

華道初稽古
年末,お互いに忙しく活け込みを終わり
新しい顔(笑)の先生と花友・・今年も宜しくのshine弾んだ声。
花器の色・形によってお花の表情がこんなに違います。
花友と私の作品です。
どう言うわけか完成まで、3回もやり直し「やっと」・・先生が見ていて
・・それが良いのょ・と・(^。^)y-.。o○・・褒められた。
038_600
従来の花器が新鮮に感じられますね。
041_600
ピンクの花器も明るく初春らしくいいですね。
042_600

037_600

040_600

青年部の花展に出品する花友の作品です。
剣山を使わず、また木を使い「ま~」これが大変なのです。
044_600

お稽古の後、茶話会・・200円の会費で豪華なのです。
信じられないでしょう。
甘い大きな苺が6個・いろいろな高級プリン3個・シーフォンケーキ・ピーナツバターの菓子パン・黒豆の甘露煮・お漬け物3種類・和菓子2種類・・これが1人前ですよ。
食べ物は持ってこない様にと言っても効果が無く沢山のお持たせです。
お茶・コヒーを呑んで食べて暗くなる迄、先生は今までになく一人一人への励ましの言葉、それぞれの抱負を話し・聞き爆笑タイムでした。
お稽古場が二階で、お花やバッグを持って高い階段の上がり降りが大変で、今年もきっと優しく若い花友にお世話になる事でしょう。~~ありがたい事です~~

    ;;:♪:;;;::;皆で元気にスタートしました。;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&残念

1月上旬に行って来た「しぶき氷」その時はまだまだ小さく、4mくらいになると言うので
13日に(大雪の前日)行って来ました。
パソコンで検索し天神浜に直行でしたが、寒波が「しぶき氷」になるのには今一だったのでしょうね。 今回も残念でした。
058_600

この木の枝にしぶき氷が出来るのかな?
061_600

晴天ではありませんでしたが、磐梯山もかすかに見えこの木にし4mのぶき氷が出来たら見事でね。
070_600

夏活躍するブルー・イエローのボートも、天神浜で冬眠中ですが良い雪景色でした。
071_600

湖と浜辺そして側溝が雪で区別しがたく氷が薄い・厚い所があり要注意でした。
前を歩いているステキナカップルの男性、薄い氷の上に乗ってしまい「じゃぼ~ん」で女性に助けられ直ぐ退参されました。その時私はしっかりとカメラを持っていましたのに、「あっ」言う間なので・・シャッターチャンス逃し・・人の良くない事を撮るのもね・・撮らずに良かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&きゅうり粕漬け

今朝・・凄く・・寒い・・路面の凸凹雪がガジガジですょ。~||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||
福島中通り・・年代によりますが、昔の様に「漬け物とお茶」と言うよりはお茶・コーヒーとクッキー・ケーキ・お煎餅が多いですね。
でもこの季節になりますと、新酒粕を送ってくださる人、「しょっぱい~」きゅうりの塩漬けの材料が揃うと漬けたくなりますから(体が動くのです)不思議ネ。
1月の上旬ですが、きゅうりの粕漬けを作りました。
Cats
Cats_600

1ヶ月くらい置くと良いのですが今日味見をしました。
008_600
塩加減と砂糖酒粕のバランスは良いのですが、きゅうりに対して砂糖が多かったようで
きゅうりがふっくらしないのが残念でした。でも~~happy01 おいしいょ~~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

momo&13参り

13歳参り
現在はあまり盛んに行われていませんが、いまから百年ほど(検索しました)
前から始まった行事で数え年十三歳の男女が、福徳と智恵と健康を
授けていただくために親子ともども虚空蔵菩薩にお参りする習わしですが
西根神社で孫の代参でご祈祷して頂きました。
017_600

正面には参鏡がありましたが、言われはわかりません。
020_600

外は最近にない大雪(14日)ですが神主さんは傘もささず・・。
007_600

何をおねだりかな?
お父さん、子供と根競べ・・・~お父さんの (・∀・ )っ/凵⌒勝ち~。
012_600

お母さんに呼ばれると、いっそう早く走っている~僕ちゃん~転んじゃった!!!
003_600
こんなに小さな子が七五三・13参り・・成人式へと成長するのですから
安心安全な日本にするのは大人の責任ですよね。(政治家みたいに言ちゃった)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&うそかえ祭り

福島市飯坂町の西根神社境内に祭られる高畑天満宮の「うそかえ祭」に行って来ました。
 1年の災いを身代わりになって“うそ”とし、良いことに換えるとされる縁起物の「鷽鳥(うそどり)」の木彫りを求め、参拝客の行列ができた。
合格祈願、家内安全、商売繁盛、全ての災難よけに御利益があるとされ例年、多くの参拝客でにぎわっています。
 期間中は境内で伝統のどんと祭も催し、正月の松飾りや古くなったお札、お守りなどを御神火でたき上げる。
003_600

006_600

鷽かえ鳥を求めての行列。
どうしてこんなに並んでいるのか、不思議に思っていましたら、一つずつ丁寧に
包みながら買う人に渡しているのですょ。~note~待っている人は雪の中~notes
015_600
うそかえ祭り(1月12~16日)
011_600
高畑天満宮・・道真公が祀られています。
023_600
神楽殿
016_600
受け申したうそ鳥です。
028_600
うそ鳥ってどんな鳥か?写真をお借りしてUPしました。
So7uso1

13参りの代参でお祓いをして頂きました。(明日UPします)

※ 今日は朝から雪が降り、午後11時の外の様子です。庭の積雪20cmでした。
004_600
午後11時頃は雪が止み、外気温が上がったのでしょうか、
家の二階の屋根の雪が「ドドド~ン」とあっちこっちで落ちる音がしています。 
圧雪された雪かきも~┐(´д`)┌ヤレヤレ タイヘンダ~happy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&だんご市

福島市の福島稲荷神社で12日~15日、小正月の縁起物を売る
「だんご市」を新聞で知り、大分ご無沙汰してましたが(笑)
(^。^)y-.。o○~結婚してから初めて参拝しました。
009_600
永延元年987年)、安倍晴明が奥州に下向した際、信太明神を勧請したことに始まる(現在の神社の由緒書きでは伊勢の外宮の豊受比売大神を勧請したとする)。承安元年1171年晴明の孫の安倍晴明が社殿を改築した。~~検索コピーしました~~
042_600

029_600

境内には、五穀豊穣や無病息災、商売繁盛などの願いを込めた縁起物を販売する
出店が並んでいました。
私が小さい時は大賑わいでしたが・・時代が変わりそれなりの賑わいで・・
両親の手をしっかり握ってお参りし、必ず「まさる」を買ってもらった
思い出を懐かしみ参拝しました。
011_600
タイや色鮮やかなだんご挿しの飾り物販売され新年のムードいっぱいでした。
016_600

005_600
昔は大小さまざまな
「まさる」でしたが、今日はこの「まさる」一種類だけでしたょ。
017_600

038_600

021_600
上のだるまは白河だるまかな?
だるまは2種類でした。
022_600

願いも込められた絵馬・千羽鶴そしておみくじは脇の木にも結ばれてました。
034_600

子供の頃よくなめた、だるま飴懐かしい・・餡子の入ったぶっきり飴もありましたよ。
柚子ぶっきり飴もありましたが・・
昔、北端の柚子は福島産(信夫山)ですが、3.11以来食用にする事が出来ません。
Page

一年の無病息災の願いを込め縁起物のだんご挿しも求め神棚に供えました。
昔の様に売り手の元気な声・買う人の値切る・・かけ引きのやり取りがないのも寂しいものですね。
出店ではだんご挿しの木が売ってましたので、来年はお餅を搗いで
「だんご挿し」を作くりたいと思いましたが・・思うだけかな?・・(笑)・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&お参り

米沢市の小野川温泉街にある甲子大黒天本山(きのえねだいこくてんほんざん)。
床の間に甲子大黒天本山で「しん」を入れて頂いた大黒様が祀られていますので、参拝に行って来ました。
006_600_2

甲子の大黒さまは、昔から家門繁栄、商売繁盛、開運招福の神様として親しまれ、福(精神的な豊かさ)・禄(経済的な豊かさ)・寿(健康)を授けてくださるといわれています。

やっぱり米沢は雪が多く除雪車が活躍。100_600

屋根の雪下ろしをしてましたょ。
141_600

甲子大黒天本山近くになりましたらもっと積雪が多くなりました。
123_600

本堂への道です。
125_600
035_600_2
131_600


震災で参道の脇の階段から上がり参拝しました。
036_600_3

133_600
雪が多く正面からの写真が撮れませんでした。

帰りの車の窓から・・青空だと良いのですがね。
140_600

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&鏡餅

今日は鏡開き。
農業をしていますので「農の初め」です。
拝み松にお餅を供え田圃に持って行き拝んできました。
昔は田圃でくわを使う真似をしたそうです。
006_600
鏡開き
鏡餅お下げし、包丁では切らずに木槌で割り、かびていないので「ほっと」しました。
信仰深い、御先祖様で、丸め餅は8ヶ所に二つ重2組づつお供えしますので餅米二升五合分のお餅です。
小人数家族なのでこの沢山のお餅・・有難いのですが・・お餅を見てため息がでます。
水餅・油で揚げる・甘酒を作りますが、その他お餅の利用法・・考え中?今のところ冷凍室に入ってま~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&万蔵稲荷

宮城県白石市 万蔵稲荷
015600
雪に映る鳥居の影が面白いですね。
001600

059_600_2

万蔵稲荷の創建には次ぎのような伝説が残っています。
「小坂峠付近に万蔵と呼ばれる馬方が住んでいました。
万蔵は博奕が好きであまり信心深い人ではありませんでしたが、ある夜、峠の差し掛かった所で旅疲れた1人の老人と出会い、自分の家に招くと精一杯のもてなしをしました。
次ぎの朝、老人は姿を消していましたが、再び峠に戻ると元気になった老人の姿があり、自らを稲荷神社の化身と名乗り、昨日のお礼として三頭の馬を与え下さりました。
万蔵はその馬を資金にして稲荷神社を建立して、自らは出羽三山で修行をし大阿闇梨金剛院祐観の院号を受け、最期には即身仏となったと言い伝わっています。」

山間の小さな神社ですが数百mも続く参道には150基を越える鳥居が奉納され周囲の信仰の広がりを感じる事が出来ます。
030600
やはり雪が多いからでしょうか、雪つりの仕方が違いますね。

可愛い坊やもお手伝いです。
033600

福袋もありましたょ。
028_600

杉もワンポイントのオシャレ。
046600


| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&しぶき氷

猪苗代湖に自然がつくり出す神秘的な造形「しぶき氷」は、冷たい強風で湖の水しぶきが湖岸の木の枝などに降かかり凍り付いて出来ます。
399_600

403_600
しぶき氷はまだ小さいのですが、本番は高さ4㍍にもなり約1㌔の範囲で大小さまざまな
造形が楽しめます。
410_600

415_600

423_600

国道に出ると、歩道用と車道用の除雪車がお出ましで有難い事です。
435_600
439600

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&猪苗代湖・白鳥

猪苗代湖の東部,長沢浜へ向かう途中,田圃に沢山の白鳥が舞い降り楽しそうでした。
375_600_2

255_600

256_600
猪苗代湖畔方面から飛んで来てここで羽根休め、しばらくは白鳥を正面から撮りたいと四苦八苦でしたが、大空を「ゆうゆう」と飛んでくる白鳥を見る事が出来ました。
247_600

284_600

309_600

292_600

314_600

先日猪苗代湖畔で白鳥にせんべいを上げたように、今回も餌をやりましたが反応全く無しでがっかりしてましたら、驚きましたね鳶でしょうか?空から舞い降りて来ました。
318_600

336_600_3

338_600_2
先程白鳥にあげた餌を目がけて飛んでくるのですから吃驚で
その餌に白鳥は知らんぷりですから・・ね。
でこぼこの雪のあるあせ道を走って餌をやったのですよ。

大空をゆうゆうと飛ぶ白鳥は。...。 「クイーン」。...。 ですね。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&桧原湖

桧原湖へ行く途中の雪景色は青空をバックに「わ~ぁ綺麗sign03」の連発でしたが
湖面は氷で覆われわかさぎ釣りのテントが点在していました。
087_600

091_600

雪で木が重そう・・。
096_600

169_600

動物の足跡?
152_600

桧原湖から猪苗代湖へ行きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&雪景色

桧原湖に行く途中の雪景色・・「青空に全てを隠し銀世界」
079_600

080_600

081_600

083_600

085_600

086_600
雪って・・不思議ですね・・雪の「ふゎ~ん」としているところを撮り・見ていると寒いのに「あたたかさ」を感じますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

momo&吾妻小富士

今日は風もなく9時頃から晴れのマークでしたので、吾妻小富士の写真を撮って来ました。

002_600

吾妻小富士(あづまこふじ)は、福島県福島市にある標高1,707mの山。吾妻連峰の ひとつで中央にある大きな火口が、麓の福島市側から見るとあたかも富士山の山頂の ように見える。本来の山名は「摺鉢山」です。
014_600
電線のない所と思って車を走らせましたら、つい吾妻運動公園まで行ってしまいました。
今日は青空がクッキリ・・嬉しいですね。

青空に曳かれて、土湯トンネルを通過し裏磐梯へ向かいました。
034_600

045_600_3

046_600_3
ホワイト&ブルーの銀世界バツグンでしたsign03

バスも私もゆっくりの運転、雪が積もるのはこれからが本番です。
068_600

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&朝鮮漬

年末にお袋の味のお宝が奥会津からpresent届きました。
私よりも若いのに色々な事が手早くでき、お手本にしている彼女です。
その中に手作りの朝鮮漬が入っており、お餅に飽きた今日、アツアツの
ご飯でいただきました。
001_600

006600
これは白菜漬なのでしょうか?
キムチで漬けられているので朝鮮漬・・塩加減がほど良く白菜の甘さが感じられ
わらび・ニラ・するめ・昆布が丁寧に入っていて、作る人の真心が感じられた
美味しい(^。^)y-.。o○~漬け物でした。
「きっと」私の苦手なニンニクも入っているのでしょうが旨さに変わって感じられません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&三ヶ日

お正月三ヶ日はお餅を神仏に供え、家族も食べますが、昔はともかく今は・・
「ちょっと」キツイですよね。
そこで今朝はお餅のカナッペで~す。
紅葉漬と野沢菜漬は頂き物ですが、後は全部作り置きしてます。
いか人参は福島の郷土料理です。
お餅が小さく全部味が違いますので、楽しみながら食べてしまい、お腹いっぱいで胃薬にお世話になりそう~~。
006
    ;;:♪:;;;:♪:;; カラフルでたのしそうでしょう ;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;
何ともこの組み合わせ信じられませんが、自分では「ヒット」商品になりそうです。
お餅はご飯どうよう味が無いので、何でも合いますが・・大人の味ですね。

デザートは餡子ヨーグルトetcで~す
002_600
明治ヨーグルトR-1は・・ず~っと前にテレビで、免疫賦活作用により、免疫力が高まり風邪をひきにくくなること、インフルエンザウイルスに対して感染防御効果をもつことが報告されましたょ。ノロウイルスは??わかりません??
一昨年の11月から昨年の1月中旬にかけて酷い風邪をひきましたので、今年は初期から用心し手洗い・うがい・ヨーグルトR-1と早寝(笑)・・遅起(歳ですから早起きなのですが・・)しています。
餡子も気を付けなければ「おしみ虫」?に食べられますからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&塩釜神社

ちょっと買い物にと思って出かけ、思いつきで仙台市の塩釜神社参拝へ。
買い物済んでから神社の駐車場へ入るのに路上で、もう少し・・もうちょっと、思っているうち待つ事45分。~shock

神社参拝の時は暗くなっていました。(思いつきはいけませんね)
表参道です・・この石段は202段とのこと足に自信が無い人は東参道からの案内があり
私は当然東参道から参拝しました。
011_600

030_600

手水舎
竹の下には「ツララ」が、見えるでしょうか?
ここの手水舎には、名入れ(塩釜神社)の手拭きが下がっていました。
「さすが」ですね。
003_600

023_600_4

021_600
写真の奥のシートで覆われているのが拝殿です。
菊の御紋です。
051_600

おみくじも多くの方が行列でしたよ。
057_600

塩釜神社クリックしてね・・塩釜神社・志波彦神社のホームページです)

塩釜神社の隣には志波彦神社も立派でした。
009600

今年も皆様と共に健康で明るい日々を過ごせます様にと祈り帰宅しました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜ 良い年になりますょ ゜・。。・゜゜・。。・゜★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&しめ飾り

明けましておめでとうございます~。
    今年も宜しくお願いします。

昨年は八方塞がりと言う事で、内心「ビクビク」しておりましたが、カメラを持っての散策は今までになく良い年で有難く思っております。
皆様のご指導アドバイスありがとうございました。

徒歩5分でしょうか・・近くの神社で、元朝祭から戻りました。
002_600
今年は何時もの年より多くの方のご参拝でした。

正月に玄関に「しめ飾り」を飾ることは、玄関にしめ縄を下げ、家の中にけがれを入れずに神聖な場所である事を意味し年神様をお迎えするためです。
002_600_2しめ縄に縁起物を付けたのがしめ飾りです。
葉の裏が白いシダ「うらじろ」は裏表のない潔白な心と白髪なるまでと言う意味を表し、
(だいだい)は、収穫しなければ1本の木に3代の実が付くことから「代々」家が栄える縁起の良い木とされ、和紙を一定に形にに切った御幣は、清浄な場所であることのしるしを表しています。

...。o*今年も**良い年で**ありましょうに...。o*


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »