« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

momo&中津川渓谷

この写真は10月21日に裏磐梯の中津川渓谷で撮ったものですが、黄葉が多く、時期が早かったのです。
渓谷の入り口。
124_600_2

125_600

069_600

082_600
お天気も良くありませんでした。down

今日は晴天でnotes紅葉狩日和ですね。 

明日から11月ですね~。
月変わりの時、何時も思うのですよ ~「早いな~ぁ~」って。
11月終わったら12月ですものね。(あたり前ですね)<;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&勉強会

ランチタイムで川柳の勉強会
気の合う仲間と、手濡らさずで、後片付けも無いのは至福の一時ですよ。
メインーテーブルのお花は残念ながら造花でした。
一輪でもいいからお生花がいいですね。
001600

3枚目のお皿の稲穂、白く弾けている部分食べてみましたら香ばしいのです。
こんな小さな演出に心が「ホット」しました。
Cats

フルーツとコーヒーもご馳走になりました。
008600

それがね、
お勉強の川柳(三句提出)拙いのですが、一言も直されず無事通過でした。~happy01

☆ 過日ダイモンド富士の写真を頂いた時に詠った句です。
      「どこへ行くイブニングドレスダイヤ富士」

☆ 先日友達と芋煮会をした時「ふと」うかんだ句です。
   年齢層が幅広く楽しい芋煮会でしたよ。
      「花々が寄り集まって芋煮会」

☆ 9月に安達太良山に登って膝が痛くなり休んだ所に、はい松を通して
     心地良い風、「すすき」が揺れ・・そのままの句です。
      「安達太良のはい松風にすすき揺れ」

標語の様な単純な句なのですが、無事通過で昨日は「ほっと」しました。

先輩の三句ですが、何時も女性らしく たおやかに詠むのですよ。
      「コスモスの揺れに思い出こぼれだし」
      「幸せをリボンを解いて独り占め」
      「前向きを支える老いの好奇心」

言葉遊び楽しく、何時もの会話とも違うランチタイムでした。
          

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&大イチョウ

福島県南会津伊南村古町の大イチョウ

Cats_8

002_600

幹周りが11mもあるのですから、黄葉のイチョウを一度は見たいものです。
003_600

幹だけを見ても迫力がありますが、年代がわからないのですよ。
006_600
かくれんぼをしても、授業をさぼってもここに隠れると誰からも見つけられなかった
やんちゃな話を聞いたことがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

momo&新蕎麦まつり

兄弟会(会津芦の牧温泉)を兼ねて
「南郷トマト」で有名な会津南郷で新蕎麦まつりに行ってきました。
結構遠く自宅から178㌔。
054_600

074_600

糸南瓜ときゅうりの漬け物、美味しいトマトはテーブルにあり食べ放題~うれしいね。
052600

メニューは

裁ちそば
Cats_2

友遊そば
Cats_3

きららそば
Cats_4

かけそば・・やっぱりざるそばが良く食べませんでした。

はっと 山椒のニシン漬け
Cats_5

抽選会
新米2㌔と無塩のトマト缶6個~大当たり~!!!!!

Cats_6


兄弟は大喜び!!!!!
私が当たったのだはないのですが、帰宅して荷物を下ろしましたら新米2㌔があり吃驚。
電話で聞きましたら、皆で相談して私の車に入れてくれたのだそうです。

~~嬉しいことで~~楽しい兄弟会でした~~ 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&会津・・大内宿 高倉神社

高倉神社   検索しました

045600

平清盛の全盛時代、高倉宮以仁王(後白河天皇の第二皇子)は諸国の源氏に激を飛ばし、源頼政と共に平家打倒の挙兵をおこないました。しかしこの計画が平家によってただちに発覚されると、京都・宇治川を挟んでの合戦で頼政は討死。
高倉宮はからくも逃げ延びるも、奈良に向かって敗走の途中、流れ矢にあたって討ち取られたことになっています(享年30歳)。
                 しかし、屍体の確認が完全ではなかったらしく、伝承ではその場を逃れ、東海道から甲斐・信濃の山路を越え上野(栃木県)の沼田から桧枝岐に抜け、ここ大内にたどり着いたことになっています。

Photo

桜木姫は高倉宮の愛妾といわれ、高倉宮敗走の後を慕ってようやく大内にたどり着きましたが、長い苦労の旅により倒れ、18歳の若さで、ここ大内で病死したと言われています。村人はその死をはかなんで、村はずれに墓を建てて供養しました。この墓周辺は今でも主君に仕える人が眠る原ということで、御側原(おそばはら)と言われています。
                 大内宿では毎年、半夏の日(7月2日)に高倉宮ゆかりの半夏まつりが行われます。村中の男衆が総出で参加し、古式ゆかしい行列が宿場内を練り歩き、村の西はずれにある高倉神社に帰っていきます。この様な祭礼が幾百年の間、山間の大内宿でおこなわれてきたという事実は、高倉宮を敬う強い信仰のあらわれでしょう。なお祭礼当日には、桜木姫を祀る桜木姫霊社に注連(しめ)が張られ、同格に祭られます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&会津大内宿

江戸時代、関東と会津を結ぶ下野街道の交通の要衝だった大内宿は、宿場として、また荷駄運送の駅所として栄えていました。会津藩主(初代、2代、8代)の参勤交代の際もこの街道を通り、年に数万俵にのぼる廻米も運ばれていました。
                         戊辰戦争の際には、大内は会津軍と新政府軍の激戦の場となりました。会津軍後退のときには、あわや焼きはらいに遭うところでしたが、言い伝えによれば、当時の名主による死を覚悟の抵抗によってまぬがれたといわれています。
046_600

小法師も紅葉の中でお出迎で~す。
021_600_2

岩魚の塩焼き、焼きだんごも美味しそう・・happy01・・
027_600

高遠蕎麦のお店もありましたが、素通り・・これから奥会津の南郷村で新蕎麦祭りに行きますのでね。
017_600

大内宿の水で造ったお酒、特別純米酒大内宿「百姫」(ももひめ)。
車運転なので試飲は出来ませんでしたが、香りはワイン風の飲みやすいお酒のようでした。
011_600
「梅酒」・・試飲した人の側にいたのですが、とっても梅の香りが良く、「ちょっと」試飲したくなりましたよ。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&吾妻磐梯スカイライン

10月は予定を組まずに紅葉三昧と思っていましたが、そうはいかず結婚式・法事・葬式と色々あるものですね。
今日(25日)やっと短時間で吾妻磐梯スカイラインに行ってきました。
紅葉・黄葉の写真って難しいですね。
磐梯山の方までは行けず、吾妻山頂上へ行くまでの写真です。
002_600

043_600

不動沢(つばくろ谷)
049_600
不動沢橋
お天気がよければ福島市内が見えるのですよ。
どうも「パット」しませんね。
045_600

右上がりになってしまいました。
071600

086_600

101_600

吾妻山 頂上近くになりました。 草~黄葉~。青空ほしいね~。
111_600

あまり良いお天気ではないのですが、一瞬太陽が顔を見せてくれた時は 
   ━━━━(゚∀゚)━━━━!!「キター」 と歓声があがるものですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&日光・・陽明門

陽明門(国宝)
建坪9坪余の桜門で、境内第一の結構善美な建造物。
彫刻彩色等あらゆる技術装飾の極を尽くし終日眺めていても見あ飽きないところから「日暮御門」と言われています。
236_600

238_600

237_600
寛永の御造営の時の大工は延べ人数127.000余人要して現米価に換算して約15億かかっているそうです。
(高い所から出ないと一枚の写真にならず部分的になってしまいました。down

魔除の逆柱(国宝)
陽明門の一本の柱(写真左)のグリと言う彫刻の模様を変えて魔除けにしてあります。
244_600

唐門(国宝)
唐門は白を主とした精巧な建物で拝殿のすぐ前にありその左右には極彩色の玉垣がのびて本社をかこんでいます。
247_600

本地堂(鳴き龍)
昔中学校の修学旅行では、本地堂で自分で拍手を2回打って鳴き龍の声を聞いたのですが、今は僧侶の打つ拍子木の後鳴き龍の声に耳を傾けます。
澄んだ静かな鈴の音とも違う鈴の音でした。
264_600

鈴鳴龍守
鳴き龍の声を聞いた後、僧侶の説明では、ピンクの「鈴鳴龍守」は一年ごとではなく一生身を守ってくれるお守り。
005_600
・・買いました・・ヨ。
・・過去には戻れませんので、皆で健康に・・と願いながら・・。

今回は紅葉を見ながら、世界遺産の日光見学。
五重塔公開の宣伝で足を運びましたが、カメラを持っての旅は時間がかかりますが、いいものですね。
あちこちの建物が改装されていましたので、改装完了されてたら再度見学したいのもです。
素晴らしい京都にはなかなか行けませんのでね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&日光・・仁王像・三神庫・神厩舎

仁王像(重要文化財)
面門の左右に安置された仁王像は、江戸時代初期の彫刻家大仏師眼康音の作。
身長12尺(約4m),美しい彩色で朱塗りの表門とよく調和して一層壮厳に見えました。
213_600

三神庫(重要文化財)
外部は校倉遣を模したもので、内部には百物揃、千人行列と呼ばれる壮大な渡御祭奉仕者の装束1200人分収められている。
217_600

神厩舎(重要文化財)
東照宮境内湯唯一の素木造りの建物で神馬の厩。
この長押上には馬の疫病治すと言う信仰から猿の一生を示す彫刻があります。
220_600
ご存じのように
その中でも「見ざる・言わざる・聞かざる」三猿が有名ですね。
222_600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&日光・・新橋~五重塔

日光・・新橋(重要文化財)

華厳の瀧を始め日光七瀧の水を集めた大谷川の清流に架けられた長さ27m、
幅6m朱塗りの霊橋。現在は祭典の時だけ使用されています。
水がとっても綺麗でした。
148_600

日光社寺入口
154_600
団体で2度行きましたが、別な場所でバスから降ろされ・・この入口から入った事ありませんでした。
ここから入ると初めに輪王寺になり改装中でした。

五重塔(重要文化財)
077_600

手水舎・・立派なものですね。流石、素通りする人は無く、手と口を水でお清めです。
101_600

今回公開された五重塔
石の鳥居左内側に建っている。高さ35m酒井忠勝候の寄進ですが、文化12年(1815)に焼けましたが、文政元年(1818)に再び酒井家によって奉納された。
275_600

五重塔の正面右から「虎」「卯」「辰」の順に干支が彫られていていました。
家安は虎年生まれなので虎がトップに彫られたのでしょうね。」
183
199年経った今もこんなに綺麗なのですからね~

184_600

183_t_600_3

186_tatu_600

心柱は撮影禁止でしたので案内の写真を撮りました。
金色に輝いていて吃驚しました。
192_600

床下の心柱は土間より浮いています。
198_600

酒井忠勝 検索コピーしました。
武蔵川越藩の第2代藩主。後に若狭小浜藩の初代主となる。第3代将軍・徳川家光から第4代将軍・徳川家綱時代の老中・大老。同時代に、宮内大輔を称し出羽庄内藩主をつとめた

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&日光 華厳の瀧

華厳の瀧も大昔とは違いエレベーターで100mも下がり、今日は毎時1.5㌧の水量との事でした。

華厳の瀧も色々な表情を見せてくれました。
096_600

115_600

エレベーターで戻り、階段で3階まで下がった所から撮りました。
141_600

この瀧は華厳の瀧の近くの瀧ですが、小さな虹が見えましたよ。
虹 見つけていただいたら嬉しいです。
130_600





| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&日光 龍頭之瀧

中央部に木々の生えた岩場の両側の滝があり岩部分が、龍の頭ににていると言うことから、この龍頭之滝の名前がつけられたそうです。
034_600

龍頭之滝の右側の瀧です。
046_600

ここから瀧に添って上の方にある大きな橋まで歩きます。
070_600

067_600

084_600

大きな橋は標高1355mあります。
076_600

瀧の先は中禅寺湖です。
079_600
駐車場では大分待たされましたが、龍頭之瀧では団体客はいませんでしたので、マイペースで一歩一歩 歩けたのはラッキーでした。「ゆば」は、口当たりが良くアイスクリームと「マッチ」。
   ;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:「おいしかったsign03」:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&日光・・龍頭滝の駐車場

先日テレビで東照宮の細部に亘る説明があり、五重塔がご開帳と報道され
紅葉狩りも兼ねて出かけました。
いろは坂は毎年混雑を報道されますので朝6時に出発でした。

やはり道中は混んでいました。
007_600

車窓からです。
081_600

龍頭滝・華厳の滝を優先に東照宮は最後の見学でした。

龍頭滝の駐車場は20分も待ちました。
前の車のバックの窓に映った紅葉です。
088_600

時間つぶしには面白い光景でした。
099_600

車が進むにつれて変わるのですから・・あたりまえですね。
090_600

20分後やっと駐車場に入りました。
「綺麗ね・キレイネ」の連発でこの写真を撮りました。
103_600


| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&華道(平成24.10.11日)

今日はお花のお稽古の日でした~。

秋の花材は赤い木の実が可愛いですね。
友達の作品も撮らせて頂きました。
004_600_10

008_600


005_600_10


006_600
菊の一種生け良いですね。見ていると落ち着きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&蔵王 お釜 No.2

蔵王お釜にはこんな表情もありましたよ。
012_600

見通しが良くラッキー~~!!!
お釜の南の方角の紅葉のです。
010_600

皆さん~早く並んで~・・と記念写真の団体さんで~す。
123_600_2

登山のグループも多かったですよ。031_600

散歩の気分の方もいらっしゃいましたよ。
022_600

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&蔵王 お釜 No.1

昨日一度登った蔵王 お釜。
昨日は濃霧の奥に隠されていたお釜。

今日は自然の中での「大きな姿」:「お釜」よ~く見えましたよ。
昨日を含め今年は3回目です。

お釜の駐車場に行く前の路上からですが紅葉にしては寂しいですね。
002_600

お釜「昨日の分まで晴れ」です。
015_600_2

061_600

頂上は何処の山も同じですが噴火の後なので木々がほんの少しです。
069_600

自然に接することは素晴らしい事で心身共に癒され元気が出るものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

momo&道中

13.14日のお祭りも終わり、やっと紅葉の山へ・・蔵王のお釜に行く途中です。
050_600

過ぎし・・紅葉ですね。・・weep・・
011_600
070_600_2

中腹では上の様な写真が何とか撮れたのですが、お釜の駐車場に車を置き、レストハウスを横に見ながら、5分くらい歩くとエメラルド色のお釜が見えて来るのですが、
それが もの凄い風と濃霧で全く何も見えないのですから完敗でした。

お泊りの宿の窓から夕焼けを楽しませて頂きましたよ。
友達は素晴らしい夕陽の写真を撮りましたがupnotes
刻々と進む夕陽はカメラを向ける私を待っててはくれず残念でしたdown
168_600
夕食を済ませた後のおしゃべりはお腹を抱えて笑い、涙をこぼし波乱万丈の
物語は深夜にも及び結局カメラの話で大盛り上がり・・そんな秋の夜長でした。
明日の予定は?紅葉を求めて・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&銅版

毎年お祭りは10月16.17日ですが最近は土曜日(13日).日曜日(14日)になり、
今年は町内の山車の屋根が銅版になったと言うことで、なんとなく「ウキうき」
していました。

昨日から山車は銅版になってのデヴューで御神輿様のお供で全町内にお披露目でした。
その銅版の写真です。
013_600

029_600

036_600

山車さん屋根銅版になって良かったですね。
銅版も1年ごとに貫禄がついた色になりますから楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&どう違うの

友達のお店に前から飾ってあったお多福さん?おかめさん?
今、私一人のお客さんなので写真を撮る許可をもらいました。
008_600_2
良い顔をしていますね。 きっとキノッタッマ母さんですね。

011_600_2
おてもやん的ですね。

013_600
けっこう目が大きく鼻も高いですね。

友達にお多福さんとおかめさん違うのかしらね? と聞くと「検索」「検索」・・との事。

検索しました。

阿亀(おかめ)
お多福の仮面。下膨(しもぶく)れの丸顔で、鼻が低く頬(ほお)の高い女の仮面。

おふくは「お多福」に同じです。
阿多福(おたふく)
丸顔で、額が高く、頬が膨れ、鼻が低い女の顔の面です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&稲刈り

自宅より53㌔離れている田村市は稲刈りが盛りでしたよ。

001_600
黄金色の穂は豊作間違いなしですね。

011_600

012_600
この地域では籾すりした後、藁は土の上に置いてもいいのですからラッキーですね。
地元(原発事故60㌔圏)ではJAさんの指導で土の上はNGです。

003_600
この地域の、はせがけを見ていると、のんびりとしこの家に泊っていきたくなりますね。
地元ではこの様なはせがけもNGです。 自然乾燥が出来ないのです。

008_600
早く新米食べたくなりましたね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&華道(平成24.10.8)No.3

松風花道会の作品
032_600

033_600

034_600

037_600

038_600

040_600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&華道(平成24.10.8)No.2

福島市美術展出品は
池坊・松風花道会 ・梶井華道会・草月・龍生派・小原流の作品で力作揃いでした。
池坊の作品
                   
100_600_2

101_500_2

103_600

102_600

104_600
主になっている蔓まゆみは珍しい花材です。

105_600

106_600

108_600

池坊福島支部は前日UPした作品も合わせて9作品でした。
皆さん素晴らしい作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

momo&華道(平成24.10.8)No.1

福島市美術展は10月3日~8日。
6日~8日は池坊後半の部で順番が回って来て出品した作品です。

題名をつたら「スカイツリーと公園」かな? 勝手に想像しています。

001_600_11

花材 : ユウカリ・サンキライ・トルコキキョウ・アンスリューム・カラー
      カスミ草・オミナエシ・ヘプリカム・レザーファン・ライムポトス・アスター

お花が小さく見えにくいので2部に分けて撮ってみました。008_600_2001_600_10

会場での活け込み風景です。
時間に制限がありますので、皆さん真剣です。
024_600

出品する事によって色々と勉強になる事が沢山あるものですね。
先生の優しさ、お花やさんの優しさ
そして
先生の若いお弟子さんに、お稽古の時お花を二階の稽古場までさりげなく
運んで頂き、膝痛の私にとっては何にもまして嬉しい事でした。
~ありがとう~無事~花展終わりましたよ~貴女の優しさ忘れませんからね~。
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙黄色いカラーの鉢、貴女の所に行きたがっています。お届けしますね。

8日は当番で9時に会場に入り最終日で2時に搬出でした。
この日も家では庭師さんが仕事をされ、お茶の準備をして出ましたが、作品を搬出し
車で帰宅したのが2時40分、午後3時のお茶を出す時間に「セーフ」~ヨカッタ~scissors~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

momo&一部紅葉No.3

一部紅葉にはこんな写真もありましたよ。038_600

前にUPしたポイントですが、縦に撮ってみました。023_600_4

048_600



| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&一部紅葉No.2

紅葉はまだ早く一部の紅葉でしたが、今日は雨で無理して行った昨日はラッキーでした。017_600

052_600

035_600_2

033_600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&一部紅葉No.1

10月は出来るだけ予定を入れず吾妻山紅葉の様子を撮りたいと心に決めていましたが、
今日は交通整理(親戚のご法事・花展のお花の手直し・グループの役員会)が大変な日でした。
ところが今朝は「色づく吾妻連峰」の写真が新聞一面に記載されていてどうしても
今日ここに「行きた~ぃ」と思って時間割を組んでの一日、そしてクリアした日でした。

吾妻スカイラインの浄土平駐車場に着いたのは午後2時30分頃で中腹ではガスがかかり見通しが悪く頂上はどうなのか心配しての運転でしたが、お天気は悪いものの駐車場に繋がる湿原地帯はそれなりに見通しがききました。

浄土平から吾妻小富士への道
001_600

002_600

014_600

029_600

007_600

029_600_2

030_600

023_600
リンドウはこの一輪だけが綺麗な色で佇んでいました。

012_600
時間が経つにつれて高山の方からガスが掛り、帰る時間を知らせてくれているようでした。

今日は遅い時間に着きましたので、散策する時間は1時間ぐらしかありませんでした.

浄土平ジュピターセンターによりますと、吾妻連峰の紅葉は、今月中旬には磐梯吾妻スカイラインの道路周辺まで下りて来て、秋本番を迎えるとの事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

momo&華道(平成24.10.4)No.2

お稽古花の友達の作品です。
105_600106_600108_600109_600110_600
この作品ピクセル変えましたら、横幅が広くなってしまいました。

お稽古の花々を見てお花達の冬への助走かな?と「ふと」思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&華道(平成24.10.4)No.1

今日はお花のお稽古日です。
10月6.7.8日の福島市美術展に出品する試作創りですが今回はお稽古の日数が少なく心配です。

あれもこれもとお花を求め今朝写真を撮っりましたら手元にあるお花は21種類。
その中でも気に入っているお花の写真を3種類UPします。

パンダの好きな「ゆうかり」です。
005_600

可愛い「アンスリューム」
024_600

「利休草」日本古来のお花なのでしょうか、5㍉くらいのお花で葉がハートの形をしています。茶花に使われるのでしょうね。 私は初めて見ました。
088_600

21種類あっても使われるのは7種類くらいかな~ぁ。今日はどんな作品になることか? 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&無口な反省

ず~と前から気になっていた事。
今道路拡張で作業中の脇の土地に何かが植えられ、初めは緑がある事は良いものと
毎朝道路掃除で逢う、そこのご主人に聞く事もなく眺めていました。
それが南瓜の葉とわかった時、放射線量の事を考えこんな時期に植えなくてもと思っていました。
002_600

3週間前に南瓜畑で そこのご主人と中学生くらいの子が楽しそうに収穫している姿をみました。
よほど声をかけようかと思いましたが、 おしゃべりな私が変な事を言うような気がして無口。
今朝 そこの奥さんに逢いましたら、にこにこして飾り用の「ぼっちゃんかぼちゃ」貰って、と私の手に7個載せてくれた時「あっ」食用でないんだと安心したのです。

玄関に飾られ季節感がありますが、良く見るともっと大きくなるのでしょうね。008_600_2
やっぱり声をかけ何でも聞くのが肝要と思った無口な私の反省でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&庭の一角

30日にやっと庭の彼岸花が一輪咲きましたのに1日は朝から雨でした。
心配になり早朝カメラ持参で見に行きましたら鮮やかな色ですが、
雨が止んで太陽に照らされるのが心配で、しばしシャッタータイムにしました。
30本くらいしかない彼岸花ですからね。

我が家の庭の一角・・。
;:♪:;;;雨の中;;:♪:;~;;
:彼岸花村notes提灯祭りで~す♪:;;:♪:;  提灯が沢山shine光っていますよ。

036_600

044_600

049_600

050_2_600

地元のお祭りも10月13.14日で間もなくです。
今年 町内の山車の屋根は、銅版になり新しい顔での登場です。
彼岸花村に負けな様に、光る提灯が多くの子供達の声と共に、町の中いっぱい賑わう祭り日和でありますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

momo&雨の金木犀

~~(朝´∀`){Good Morning}(´∀`朝)~~

数日前までは暑い暑いと過ごしましたが、秋の彼岸が過ぎるとこんなんにも気候が変わり、今朝は「雨か~ぁ」と、玄関の戸を開けたら「なんと」金木犀の香りsign03

傘をさして近寄って見ましたら満開の金木犀の花 !!(゚ロ゚屮)屮
頭が・・目を覚ましていないので・・ピンボケ・・かな?
003_600

014_600
この写真では金木犀の花がが見えませんね。
金木犀の香りを感ずる良い写真ではありませんが朝一の金木犀で~す。

10月3日今朝は、はっきりと金木犀の花が撮れましたよ。003_600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

momo&お花達

9月22日お彼岸の中日・・菩提樹近くのお花達。
018_600

036_600

043_600

023_600

051_600

随分お花達に楽しませていただきました。 ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »